読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウオーキング 古峰神社への道 2014.03.19

 

 

右側屋根上の端に天狗飾りがあります。f:id:endy3:20140319154027j:plain

古峰神社拝殿f:id:endy3:20140319154352j:plain

本殿への階段f:id:endy3:20140319153728j:plain

鳥居がいっぱいありますf:id:endy3:20140319153506j:plain未だ残雪がこんなに!f:id:endy3:20140319145834j:plain

f:id:endy3:20140319144001j:plain

一の鳥居 大きい!ここからまだ七キロ歩きますf:id:endy3:20140319142109j:plain大芦川上流の眺め 遠くに日光の山ヤマが見えますf:id:endy3:20140319141937j:plain

珍しいポストf:id:endy3:20140319115503j:plain

道端にロウバイが咲いていますf:id:endy3:20140319130810j:plain

ぞっこい?ぞっけい? 今では珍しい・・・f:id:endy3:20140319101725j:plain

参道入り口 ここから神社まで二十七キロの道のりですf:id:endy3:20140319100055j:plain

黒川 雪を冠った 男体山が見えますf:id:endy3:20140319085926j:plain

さつきロードを通ります。歩行者は無料です・・・f:id:endy3:20140319065947j:plain

参加者 3名にて、ここ宇都宮市西川田総合グラウンドをA.M6.00出発して

鹿沼市を通過し、一路古峰ヶ原方面まで約40キロメートルの徒歩ハイクを

敢行しました。朝から晴れ、無風状態、寒からず、暑からずの絶好のハイク

日和でした。鹿沼市を通過し、古峰神社参道入り口に入り、それから27km

の道のりでした。農村地帯に入り、のんびりした時が流れ、今では珍しい、農

家で苗を藁囲いで育てる”ぞっこい”というものあり、田舎のおじさん風のかかし

や、赤い郵便ポストなどのユーモアがあり、徒歩ならではの発見です。

そして、いよいよ巨大な大鳥居をくぐり、古峰神社へ4kmの所から、最後の

登りです。まだまだ途中の山肌には残雪があり、その上を通過して吹き付ける

風の冷たさが登坂ちゅうの熱るからだを冷やしてくれました。

神社にゴールしてお参りをして身を清めたすがすがしい一日でした。

”厳かに 鎮座している 天狗かな”