読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白根山  2015.07.27

思い出のある白根山に今年もやって来ました。素晴らしい景色との出会い、花達との出

会い、そして人との出会い、多くの思いのある山です。「なぜここに来るようになったのか?」と問われれば、そこに山があったから、と、どこかで聞いたような答えしかで

ませんが。ただ一つ、十数年何回も来てるのに、未だに出会えない花がある。それは、

白根山のシンボルであるシラネアオイです。シカの食害が進み絶滅の危機に瀕して今は

毎年植栽をしているとか、との話を聞きます。だから、シラネアオイさんとは新潟方面

の山でよく出会います。

白根山 シラネアオイに 会わせてよ”

金精トンネル登山口、今日もピーカンです。f:id:endy3:20150727070342j:plain

下界で見るホタルブクロみたいな・・・?f:id:endy3:20150727070626j:plain

金精峠f:id:endy3:20150727072955j:plain

トリアシショウマでしょうか?f:id:endy3:20150727074516j:plain

トモエソウ(オトギリソウ)黄金の輝きを放って・・・f:id:endy3:20150727074834j:plain

珍しいハンカイシオガマを見つけました。f:id:endy3:20150727074933j:plain

湯泉ケ岳方面f:id:endy3:20150727075611j:plain

f:id:endy3:20150727081259j:plain

国境平f:id:endy3:20150727083315j:plain

ヒメシャジンが群れていました。f:id:endy3:20150727090152j:plain

この風景が一番素晴らしい!f:id:endy3:20150727090207j:plain

シラネニンジンも咲いてる・・・f:id:endy3:20150727090432j:plain

f:id:endy3:20150727090529j:plain

キオンf:id:endy3:20150727090705j:plain

フウロの世界!f:id:endy3:20150727090611j:plain

パノラマf:id:endy3:20150727092946j:plain

いろいろな思いを乗せたコマクサが今年は一杯咲いてる・・・f:id:endy3:20150727101457j:plain

キレイ・・・ダァ!f:id:endy3:20150727101556j:plain

前白根から見る何とも怪しげなガスのかかる白根山頂・・・f:id:endy3:20150727101648j:plain 

コマクサのダンス・・・f:id:endy3:20150727102347j:plain

クルマユリがいちりん、悠然と・・・f:id:endy3:20150727105850j:plain

ヤマオダマキが見事・・・f:id:endy3:20150727112809j:plain

ハクサンフウロの群れが・・・f:id:endy3:20150727113218j:plain

白いコマクサが、今が盛りと乱舞してる・・・f:id:endy3:20150727114509j:plain

シラネニンジンがまとまっている・・・f:id:endy3:20150727114536j:plain

頂上を俯瞰すると、やっぱり登山者が多い!f:id:endy3:20150727123510j:plain

夏休みの学校登山の生徒達、ゴンドラ登山が多いです。f:id:endy3:20150727124008j:plain

ハイ!また来たよ!f:id:endy3:20150727124640j:plain

我々の上空をうるさく飛び回る取材ヘリ、救助?いらないね

f:id:endy3:20150727125857j:plain

弥陀ケ池にある情緒あふれる風景・・・f:id:endy3:20150727134332j:plain

菅沼に到着ですが、今日はまだ金精峠まで登ります。f:id:endy3:20150727145157j:plain

菅沼駐車場は有料につき、敬遠しています。

f:id:endy3:20150727150658j:plain

菅沼から金精峠に戻りました。これから、トンネル入り口へ下山します。f:id:endy3:20150727160756j:plain

登山口そばに咲いている白い菊達、f:id:endy3:20150727164740j:plain