読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白根山  2016.07.01

毎年、最低1回以上は必ず訪れる白根山へやって来ました。登山口は金精トンネル脇か

らです。コマクサに思いをはせて登りつめます。この山の雰囲気はいつ来ても、母親の

懐に抱かれているような暖かさを感じます。そして、時には父親の厳しさのようなもの

も感じます。この雰囲気がたまらなく好きで来てしまいます。五色山からは立ちはだか

白根山と、すぐ下に見える限りなく青く澄み渡る五色沼の景観の素晴らしさはなんと

も言い難い風情です。左側に続く尾根は錫ケ岳へと延びて、その先は皇海山まで続きま

す。やがて、コマクサを始め花々に見とれながら、山頂へ。

今日は、丸沼からのゴンドラが休日とのことで、久しぶりに山頂を独り占め、いや3人占めでした。本当にありがとう!白根山! また会いに参ります。

”赤い色 コマクサ映える 白根山

登ってすぐにある急に落ち込むザレ場を通り、悪場が待ち受けています。f:id:endy3:20160701080226j:plain

もうすぐ金精峠と神社に着きますf:id:endy3:20160701082119j:plain

 

金精山への岩峰が青空に映えて・・・f:id:endy3:20160701084249j:plain

f:id:endy3:20160701084358j:plain

 

 

 

ひうちケ岳も近くに見えて、f:id:endy3:20160701084826j:plain

ミヤマカラマツソウf:id:endy3:20160701084924j:plain

シロバナノヘビイチゴf:id:endy3:20160701085038j:plain

ガスに煙る男体山と湯の湖f:id:endy3:20160701092615j:plain

f:id:endy3:20160701085523j:plain

大きなつぼみ、今にも咲きそうな・・・f:id:endy3:20160701091513j:plain

アズマシャクナゲf:id:endy3:20160701102257j:plain

静かな五色山f:id:endy3:20160701102753j:plain

聳え立つ白根山と深き緑の五色沼

f:id:endy3:20160701103953j:plain

白根山と錫ケ岳への尾根f:id:endy3:20160701104014j:plain

厳しさ表す這えマツの姿!よくぞ頑張って・・・f:id:endy3:20160701105647j:plain

 

イワカガミもここぞとばかりに・・・f:id:endy3:20160701105127j:plain

コマクサが群れをなして・・・お久しぶり!f:id:endy3:20160701110340j:plain

前白根から見る白根山f:id:endy3:20160701110111j:plain

キミは凛として咲く!f:id:endy3:20160701110511j:plain

大好きなコマクサが今年も真っ赤に染まって・・・f:id:endy3:20160701111450j:plain

ここはアズマシャクナゲのオンパレードでした。斜面下にどこまでも続いて・・・f:id:endy3:20160701112421j:plain

f:id:endy3:20160701112103j:plain

今年もミヤマダイコンソウが見事な金色に咲いて・・・f:id:endy3:20160701113320j:plain

アズマシャクナゲがゴージャスに咲いて迎えてくれましたf:id:endy3:20160701113511j:plain

ムカゴトラノオf:id:endy3:20160701121021j:plain

 

人なつこい鹿、誰かが餌つけした?f:id:endy3:20160701122800j:plain

誰一人いない静かな山頂f:id:endy3:20160701133044j:plain