きままなウオーキング 総合グラウンド~羽黒山 2017.09.11

暑さが和らいだこの頃、東京から宇都宮市までの100キロウオークの

予行演習として38キロプラス7キロ、合計45キロの道のりを歩きました。

クルマを避けてなるべく歩道の付いている道路を歩いて目標達成をしました。

前回の環状線ウオーキング以来の半年ぶりのウオーキングでしたが、普段の

トレーニングと山歩きのおかげでたいした疲れもなく、100キロウオーク

の完歩に向けて幸先のいい演習になり、また、自信にもなりました。

あとは残りの山行とハーフマラソンの合間を縫ってスケジュール調整をする

のみとなりました。今から楽しみにしています。

羽黒山宇都宮市の北の外れにあり、その山頂に神社があります。秋には

梵天祭り(11月23日)が行われ、五穀豊穣や無病息災を願って竹の先に

色とりどりの房を付けた物を担いで山頂の神社に駆け上がってとてもカラ

フルな梵天が若者によって奉納されます。大変にぎやかです。

 

「亀井のみず」江戸時代の名所である{七水}の一つで場所がカメのしっぽ

にあたるので、この湧き水は「亀井の水」と名ずけられたそうです。

f:id:endy3:20170911070835j:plain

f:id:endy3:20170911092648j:plain黄色い彼岸花が一輪( ^ω^)・・・

f:id:endy3:20170911111827j:plainここから梵天を担ぎ上げます。

その梵天が沢山奉納されています。f:id:endy3:20170911123631j:plain

 

羽黒山神社本殿

f:id:endy3:20170911123656j:plain

道辺に寂しげに咲く彼岸花かな・・・f:id:endy3:20170911123951j:plain

f:id:endy3:20170911124015j:plainこちらは、自信満々!胸を張って・・・

 

空腹だったので岩は見なんだよ・・・f:id:endy3:20170911130750j:plain

 

f:id:endy3:20170911132016j:plain麓に咲くタラの芽の花

 

 

 

蝶が岳 2日目

雲海のうえにふりそそぐ朝日f:id:endy3:20170828060519j:plain

青空とトライアングル(槍ヶ岳f:id:endy3:20170828091151j:plain

穂高連峰f:id:endy3:20170828091201j:plain

パノラマ

f:id:endy3:20170828091220j:plain

f:id:endy3:20170828081530j:plainオンタデ

イワツメクサf:id:endy3:20170828082838j:plain

木苺が美味しそうに・・・f:id:endy3:20170828094013j:plain

f:id:endy3:20170828094704j:plainオトギリソウやフウロの群れ

 

トリカブト常念岳f:id:endy3:20170828100647j:plain

f:id:endy3:20170828124446j:plainもう一度常念岳の雄姿

 

蝶が岳  2017.08.27~28 (一泊二日)

久しぶりのテント泊、3年ぶりなので体力テストを兼ねて行きました。

今回はテントなので厳しいルートはお預けで、眺望景観が最高の所を

選んで蝶が岳にトライしました。

最初の登り始めは非常に楽ちんだけど、豆うち平から先の2,100

メートル辺りからだんだん急登になり荷の重さが堪えるようになり、

ペースダウンしました。年中テント泊をこなしていないと結構疲れ

ます。それでも、途中で乳タケを見つけて収穫し味噌汁にして食べ

ました。自然の恵みに感謝です。そんな訳で1日目は遅くなりガスが

出てきて素晴らしい眺めはお預けになり、翌朝への期待を願い床へ。

2日目の朝は期待にたがわず素晴らしい!穂高連峰から槍ヶ岳まで

パノラマが広がっていて時間を忘れて見入りました。御嶽山や、霞沢

岳、富士山もうっすらと空の彼方に浮かんで見えて感激しました。

以前に行った西岳の近くのビックリ平の景色を思い出しました。でも

こちらの方がまじかに迫り、大迫力を味わえました。アメージング!

(1日目 約6時間30分  2日目 約4時間30分、歩行時間)

”極楽が あるとすれば 目の前に”

 

駐車場は既に満杯に(朝8時ころ)

f:id:endy3:20170827083828j:plain

 

 

登山ポストのある所f:id:endy3:20170827085312j:plain

 

 

f:id:endy3:20170827090925j:plain登り始めてすぐにつり橋、揺れて怖い!

 

階段がやたらとありました。

f:id:endy3:20170827092337j:plain

 

有名なゴジラの木

f:id:endy3:20170827093520j:plain

キツリフネf:id:endy3:20170827100216j:plain

 

f:id:endy3:20170827101915j:plainゴゼンタチバナの実

 

姫シャジン

f:id:endy3:20170827130039j:plain

f:id:endy3:20170827133502j:plain

f:id:endy3:20170827143137j:plain

 

トリカブトサラシナショウマのデユエット

f:id:endy3:20170827144930j:plain

大滝山分岐f:id:endy3:20170827150922j:plain

 

りんどうf:id:endy3:20170827151153j:plain

フウロが( ^ω^)・・・f:id:endy3:20170827151234j:plain

 

ガスに煙る常念岳

f:id:endy3:20170827151347j:plain

シシウドがきれいだし、・・・f:id:endy3:20170827151442j:plain

f:id:endy3:20170827152213j:plainキヌガサソウは来年の準備?

ゆやけ夕焼け小焼け( ^ω^)・・・f:id:endy3:20170828053100j:plain

キレットから槍ヶ岳の雄姿  f:id:endy3:20170828053631j:plain

見事な穂高連峰f:id:endy3:20170828053612j:plain

f:id:endy3:20170828054543j:plain

f:id:endy3:20170828053824j:plain

テント場と常念岳f:id:endy3:20170828054337j:plain

f:id:endy3:20170828055824j:plain槍ヶ岳をバックにしたヒュッテ

乗鞍岳f:id:endy3:20170828073602j:plain

 

おとなしくなった御嶽山f:id:endy3:20170828073226j:plain

(次ページへ続く)

 

 

 

太郎山  2017.08.10

20年ぶりに訪れた太郎山、登山口も変わり、山王峠から

登りました。前回はハガタテの沢筋から登った。しかし

土砂崩れにより、ハガタテは登れないらしく、山王帽子

山を経由してピストンしました。元お花畑を下山して周

遊するコースもあり楽しめる山です。今回は平日にもか

かわらず、9人の団体さんや,カップルや,トリプルの他に

単独行動者等、かなりの登山者たちで賑わっていました。

天候も曇り時々晴れで涼しくて絶好の登山日和でした。

歩行距離11.9キロ 歩行数 20,206歩 歩行時間 約8時間(休憩含む)

”太郎山 小太郎ありて 様になる” 

 

雨に濡れた笹原をかきわけてピークに着くf:id:endy3:20170810083138j:plain

女性グループが先を行くf:id:endy3:20170810083559j:plain

f:id:endy3:20170815161728j:plainオトギリソウとダイモンジソウが

なぜかハクサンフウロの色が抜けているf:id:endy3:20170815161947j:plain

f:id:endy3:20170810102713j:plainハクサンシャジン

アキノキリンソウf:id:endy3:20170810102816j:plain

f:id:endy3:20170810102934j:plain

幻想的なシャジンf:id:endy3:20170810103020j:plain

華やかに咲いているf:id:endy3:20170810103056j:plain

シラネニンジンf:id:endy3:20170810103232j:plain

f:id:endy3:20170810122827j:plain

男体山、と眼下に見える中禅寺湖f:id:endy3:20170810103248j:plain

f:id:endy3:20170810103435j:plain背景に大真名、小真名山、男体山(雲被る)

小太郎山、f:id:endy3:20170810103631j:plain

燧ケ岳と山々が・・・ 

f:id:endy3:20170810103914j:plain

f:id:endy3:20170810104025j:plain

f:id:endy3:20170810104608j:plain咲き始めのヨツバシオガマ

アカモノの実が赤く染まりて( ^ω^)・・・f:id:endy3:20170810105909j:plain

太郎山に着きました。f:id:endy3:20170810111639j:plain

 

f:id:endy3:20170810121719j:plain可憐な花、イチヤクソウ

痩せ尾根の先に小太郎のピークを望むf:id:endy3:20170810122313j:plain

f:id:endy3:20170810122408j:plain清楚なダイモンジソウが

ハンゴンソウf:id:endy3:20170810121959j:plain

 

 

日光白根山   2017.07.20

関東地方に梅雨明け宣言が出たので、涼と花を求めて久しぶりに

菅沼~五色山~前白根~白根山~弥陀が池~菅沼を縦走しました。

紺碧の晴れではなく、時々曇りでしたが、そんなにも暑くなく・・

快適な山行でした。お目当てのコマクサも今年は斜面を凌駕して、

溢れるばかりに咲き誇っていて、しばし見惚れ時間が経つのも忘れ

る程でした。その他にも色々な花々や相変わらず雄々しくて立派な

白根山がそびえたち、おまけに今回はライチョウならぬ岩ひばりに

も会えて最高のひと時を味わいました。

歩行距離 17.4㎞ 歩行数 29,408 歩行時間 約9時間(休憩含む)

白根山 いついつ来ても 美しい”

 

久しぶりの菅沼駐車場f:id:endy3:20170720070342j:plain

f:id:endy3:20170720084330j:plain弥陀が池と白根山

五色山への途中から美しい五色沼を見て・・・f:id:endy3:20170720090700j:plain

前白根方面から、白根隠し、右端の白根山f:id:endy3:20170720090916j:plain

ウスユキソウが可愛く咲いていました。f:id:endy3:20170720091133j:plain

f:id:endy3:20170720092517j:plain

ハクサンシャクナゲもまだ残り( ^ω^)・・・f:id:endy3:20170720094244j:plain

f:id:endy3:20170720094304j:plain

 

池塘もあるでよ・・・f:id:endy3:20170720094850j:plain

f:id:endy3:20170720100400j:plain五色沼白根山

五色山に着きました。f:id:endy3:20170720100408j:plain

f:id:endy3:20170720101533j:plainニガナと白根山

シラネニンジンがひっそりと・・・f:id:endy3:20170722114106j:plain

f:id:endy3:20170720102346j:plain

コマクサのオンパレードが始まるf:id:endy3:20170720103358j:plain

f:id:endy3:20170720103441j:plain

 

f:id:endy3:20170720103621j:plain

 

斜面に広がるコマクサの群れf:id:endy3:20170720104036j:plain

 

f:id:endy3:20170720104146j:plain

f:id:endy3:20170720104323j:plain

f:id:endy3:20170720104345j:plain

f:id:endy3:20170720104236j:plain

前白根より白根山を望むf:id:endy3:20170722154942j:plain

ウサギキクf:id:endy3:20170722155003j:plain

 

f:id:endy3:20170722155406j:plainフーロに止まる蝶

白山チドリf:id:endy3:20170722155549j:plain

 

f:id:endy3:20170722155653j:plain

シロバナへびいちごf:id:endy3:20170720120037j:plain

ヤマオダマキが今年も咲いていました。f:id:endy3:20170722174454j:plain

f:id:endy3:20170720122751j:plain

f:id:endy3:20170720123401j:plain

 

ここでは薄いピンク色のコマクサが斜面いっぱいに咲いていました。f:id:endy3:20170720123811j:plain

岩ひばりとのお見合い!f:id:endy3:20170722174742j:plain

 

頂上に群がる登山者たち

f:id:endy3:20170720124536j:plain

ガスに煙る頂上f:id:endy3:20170720130109j:plain

f:id:endy3:20170723113222j:plainツガザクラが可愛い・・・

f:id:endy3:20170720140011j:plainいつもの場所に、いつも通りに、ゴジラの頭が・・・

 

 

 

那須 朝日岳~隠居倉の花を訪ねて 2017. 07. 08

暑さ真っ盛りの中、那須の山に女峰チドリや手形チドリを

鑑賞するために探し求めて行って来ました。

土曜日とあって駐車場は相変わらず満杯に。ようやく1台分

確保して旅立ちの時です。。。雲一つない晴天のなかを蟻の

ような行列が峰の茶屋避難小屋まで続きました。特に最近は

皆さんカラフルで目立ちます。ヘリに見つけてもらうのには

最高かな?(余計な事で気に触ったらごめんなさい。)

ところで、お目当ての女峰チドリは見頃で最高の塩梅でした。

この様な女峰チドリは本家の女峰山では見たことが無かった

ので感激しました。見に来ている登山者も少なくゆっくりと

鑑賞したり、写真を撮ったりと極楽とんぼになりました。

あ~、良かった!また、お会いできることを楽しみにしてい

ます。

”初めての 女峰チドリは 美しき”

 

晴天の霹靂とは言わないね、pは早、満車ですf:id:endy3:20170708072507j:plain

言わずもがなの登山口f:id:endy3:20170708073541j:plain

早速のマルバシモツケが( ^ω^)・・・f:id:endy3:20170708075235j:plain

茶臼岳は今日も悠然と構えていますf:id:endy3:20170708075755j:plain

剣ヶ峰からのメッセージf:id:endy3:20170708080450j:plain

 

峰の茶屋から見る会津駒?方面の雪が残る山並みf:id:endy3:20170708083209j:plain

 

大黒岩付近に来ると西部劇の風景を思い出す、インディアンが馬に乗って・・・

This scene brings back memories!

f:id:endy3:20170708084139j:plain

朝日岳へ向かうハイカーさんf:id:endy3:20170708084151j:plain

茶臼岳f:id:endy3:20170708084824j:plain

ゴジラの脊?と奥に見える朝日岳f:id:endy3:20170708085949j:plain

 

たくさんの人が頂上で楽しんでいるf:id:endy3:20170708091912j:plain

こんな小さな鳥居が・・・f:id:endy3:20170708092045j:plain

隠居倉は左へ向かいます。f:id:endy3:20170708094752j:plain

那須での初めての出逢い、コマクサf:id:endy3:20170708095950j:plain

ひっそりと・・・f:id:endy3:20170708100138j:plain

ここにも( ^ω^)・・・f:id:endy3:20170708100223j:plain

控えめに・・・・・・・・f:id:endy3:20170708100638j:plain

奥の雲の上に雪の飯豊山f:id:endy3:20170708101236j:plain

オノエランf:id:endy3:20170708101816j:plain

f:id:endy3:20170708102120j:plain

f:id:endy3:20170708102936j:plain

f:id:endy3:20170708112434j:plain

朝日岳が奥から覗いて・・・f:id:endy3:20170708102539j:plain

シャクナゲf:id:endy3:20170708102805j:plain

f:id:endy3:20170708103442j:plain

f:id:endy3:20170708103150j:plain

白山チドリf:id:endy3:20170708103729j:plain

 

f:id:endy3:20170708103735j:plain

手形チドリは咲き始めました。f:id:endy3:20170708104217j:plain

f:id:endy3:20170708104235j:plain

おおとりは”女峰チドリ”の登場ですf:id:endy3:20170708104300j:plain

 

 

こんなにもきれいだし、( ^ω^)・・・f:id:endy3:20170708104836j:plain

f:id:endy3:20170708104926j:plain

ベニハナイチヤクソウf:id:endy3:20170708104354j:plain

可憐ですf:id:endy3:20170708104810j:plain

カラマツソウも・・・

 

f:id:endy3:20170708105138j:plain

 

いつも噴煙を上げている源泉

f:id:endy3:20170708114823j:plain

 

f:id:endy3:20170708111939j:plainオトギリソウ

 

今日は宿泊客が多いのではないでしょうか。三斗小屋♨f:id:endy3:20170708124622j:plain

銀ラン、白がきれいですf:id:endy3:20170708130142j:plain

なんて清楚できれいだし、・・・f:id:endy3:20170708131346j:plain

素晴らしいですf:id:endy3:20170708132402j:plain

延命水そばにある避難小屋f:id:endy3:20170708140351j:plain

f:id:endy3:20170708150755j:plainウラジロタデ

 

下山を急ぐハイカーさんの群れ、数珠つなぎ状態です。f:id:endy3:20170708145601j:plain

山の神の賽銭箱f:id:endy3:20170708153656j:plain

 

本名御神楽岳  2017.06.25

十数年来前から行きたいと思っていた山は、やはり見事な

景観をなして我々の期待を裏切らなかったようだ。

この時季の蒸し暑さにもめげずに一生懸命にピークを目指

して頑張りました。激しく流れる滝や滑らかな川床から流

れる滝があり、そうかと想う”と残雪もまだ残り、所々には

雪崩れのあとのデブリがありました。そして、圧巻は下越

谷川岳と云われる大岩壁が見事にそびえたち、思わず脚

が止まりしばし見とれる程の素晴らしさでした。

やがてピークに近ずくにつれて、姫小百合が咲いていました。

そして、ピークでは対面にあるでっかい御神楽岳を俯瞰して

感激して、今度は新潟県側から訪れて見ようと思いました。

”東北の 奥にひっそり 佇んで”

木の奥に雪崩れの後のデブリが、午後には溶けていたf:id:endy3:20170625075202j:plain

桂のでっかさに驚いて・・・

f:id:endy3:20170625074858j:plain

何本も束ねられて・・・f:id:endy3:20170625074836j:plain

 

穏やかな時間が流れるナメ滝が( ^ω^)・・・(八丁洗い板)f:id:endy3:20170625074651j:plain

大岩壁が現れるf:id:endy3:20170625073859j:plain

白い姫サユリが咲いていました。f:id:endy3:20170625071849j:plain

 

鎖場が現れて慎重に降りるf:id:endy3:20170625071511j:plain

 

激しく流れ落ちる滝が見えて・・・(八乙女滝)f:id:endy3:20170625071137j:plain

残雪の上を渡る、下には滝が流れ落ちるf:id:endy3:20170625132828j:plain

 

チゴユリの幼い姿が・・・f:id:endy3:20170625090044j:plain

 

霧来沢の奥壁に残る雪渓f:id:endy3:20170625121421j:plain

 

f:id:endy3:20170625092554j:plain

 

f:id:endy3:20170625095711j:plain

f:id:endy3:20170625101512j:plain

 

御神楽岳管理舎、水場は200メートル下ですf:id:endy3:20170625102243j:plain

ナナカマドの花がf:id:endy3:20170625103716j:plain

イワカガミの花も・・・f:id:endy3:20170625103807j:plain

 

姫サユリが現れて、癒される( ^ω^)・・・f:id:endy3:20170625104350j:plain

サラサドウダンが見事に・・・f:id:endy3:20170625104447j:plain

f:id:endy3:20170625104454j:plain

シャクナゲも・・・f:id:endy3:20170625104610j:plain

シロモノもf:id:endy3:20170625104641j:plain

本名御神楽岳f:id:endy3:20170625104828j:plain

 

御神楽岳を望んで、その雄大な姿と登山道が見える

f:id:endy3:20170625113621j:plain

 

姫サユリ3連発・・・f:id:endy3:20170625114401j:plain

f:id:endy3:20170625114511j:plain

f:id:endy3:20170625114541j:plain

 

f:id:endy3:20170625114833j:plain